スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39回 木星会議in静岡 報告

今回で39回目を迎える木星会議2016は、JR静岡駅前にある静岡科学館「る・く・る」で開催された(入館料は510円)。参加者、初日は27名で現役の学生が8名。2日目の参加者は、初日に参加できなかった2名が加わり21名だった。

ここでは非常に簡単であるが、その会議の報告を行いたいと思う。
なお、会議は以下の日程で行われた。
(敬称略)
○10月8日(土) :科学館内8F創作ルーム(総合司会:安達 誠、月惑星研究会関西支部) 12:30 受付開始 13:00 開会のあいさつ
主催者側:安達 誠(月惑星研究会関西支部)
共催者側:長澤 友香(科学館館長)
13:15 自己紹介 13:45 記念講演
    「ジェット気流を越えて~めざせ高解像!~」熊森照明(月惑星研究会関西支部)
15:00~15:10 休憩
15:10 今シーズン木星面のまとめ:堀川邦昭(月惑星研究会) 16:30 記念写真 16:45 退出撮影 18:00~20:00 懇親会 「日本海庄や 静岡南口店」(19名) 20:00~ 二次会(らしい)
○10月9日(日) :科学館内8F創作ルーム(総合司会:安達誠) 09:30 科学館開場・2日目受付開始
09:45 研究発表
・ドブソニアン鏡筒は惑星撮影用に使えるか:柚木健吉(月惑星研究会関西支部)
・HP画像からパラパラ動画作成:鈴木重則(月惑星研究会)
10:35~10:50 休憩
10:50 研究発表
・大赤斑北部に現れるSEBsの開口部の考察:堀川邦昭
11:15 Home Page 更新作業者募集:鈴木重則(月惑星研究会)
11:55 閉会のあいさつ

 自己紹介の後に、ベランダの手すりに望遠鏡を設置・LRGB法で撮像されている熊森さんの記念講演があった。熊森さんご自身の機材遍歴(1970年代の10㎝反射(接眼部を1秒程度スライド追尾させて惑星撮影)→20㎝Dall Kirkham(1980年代~2010年)→28㎝ Celestron C11(2010年~)→35㎝ Celestron C14(2016年~)を紹介されたのち、C14の鏡筒内気流の 軽減方法について述べられた。具体的には、以下の対策を行っているそうです。
  ・鏡筒に12㎝換気ファン用の穴を2箇所開けて設置
 ・後部セルに3箇所ファン用の穴、及び2ch温度計設置(取手も設置)
主鏡と外気温の温度差が5℃の場合、鏡筒内の空気が馴染むのに約2時間、2℃で約1時間もかかるとのことです。そして、撮影中も接眼ファンはONにしたままにするそうです。
(鏡筒及び接眼部に穴を開ける…。何か怖くて私には真似できそうもありません。温度差を無くす方法として、他に断熱材で鏡筒を簀巻きにする方法もあるとのことです。)
 撮影した画像は、Registax6でスタック、ウエーブレット処理するのですが、設定値は以下のようにするとのことでした。
 ・Waveletschemer:Linearにチェック
 ・Wavelet Filter:Gaussianにチェック
 ・Use Linked Waveleにチェック
 ・Layer1のみ使用:Denoise 0.00,Sharpen 0.600,Preview 100
 処理した画像は、Win JUPOSを使用したDerotationのち、Stellaimageで最大エントロピー処理を行うとのことです。この「MaxE psfは数値(例1.5~0.4, 1.8~0.4, 2.0~0.4)を変えて適宜行ってほしいとのことです。
 この最大エントロピー処理は、シーイングが良いところでは不要とのことですが、日本のような不良シーイング下では実施した方が良いとのことでした。ただし、何も写っていないのに掛けても無駄とのことでした。
 LRGB合成を行うのは、PhotoshopCS2のレイヤー(カラー:不透明度100%)で行うとのことです。
 そして最後にジェット気流や撮影に関しては、以下のように述べていた。
 ・自分の惑星像がボケているのをジェット気流のせいにしてはいけない。
 ・日本では精細惑星が写るときはある
  ・晴れていれば撮影すること。シーイングが悪いと言って諦めないこと
  ・筒内気流を含め環境気流は対処するべし
  ・光軸合わせ、望遠鏡の調整は対処するべし
休憩を挟んで、堀川さんによる「今シーズンの木星面のまとめ」が行われた。 ここでは、主に以下のことについて取り上げていた。
(全球)
①木星探査機Juno PJ-1の極地方の画像について
(北半球)
②NEBの拡幅領域の発達と衰退
③WSZの動きとNEB拡幅域の相互作用
④北温帯攪乱
(南半球)
⑤大赤斑後方のSEBの白雲活動
⑥大赤斑の様相と動き
⑦SEB北部の乱れた明部
⑧SSTBの高気圧的小白斑(AWO)
⑨2016-17シーズンの展望
 これらの中で、いくつかの項目を掻い摘んで記載する。
①木星探査機Juno PJ-1の極地方の画像は、以下の特徴があると述べられていた。
  ・北極、南極共に灰色で、茶色のベルトや白いゾーンの雲は見られない。
  ・FFR(Folded Filamentary Region:通称カエルの卵白斑)として知られるグニャグニャとした白い雲と小さな丸い渦で埋め尽くされている。
  ・丸い渦は高気圧的、FFRは低気圧的と思われ、極を同心円状に取り巻いているので、東西方向のジェットストリームは極近くまで存在するかもしれない。
  ・土星にあった六角形模様や極の大渦は存在しない。
 今回を含めJunoは木星の極軌道を33回周回することになっているために、今後どのような画像が公開されるのか楽しみである。
⑤大赤斑後方のSEBの白雲活動は、以下のような活動経過があったとされた。
  ・3月1日に白斑出現。前進しながら、乱れた白雲に発達。
  ・その後、数回にわたって白斑群が発生、RS後方のSEBが大きく乱れる。
  ・活動域の長さは4月初めに60~70°と最大に、その後白雲の供給が途絶えて、徐々に沈静化。
 なお、これらの白雲は活動域や特徴から、1998年などに発生したmid-SEB outbreakとは別物と述べられていた。
 ⑥大赤斑そのものは、以下のような特徴があったと述べられた。
 ・1980年代以降では最も赤く濃い。
 ・SEBが濃く安定な時期としては、極めて異例。
 ・緯度は230°から250°に後退。
 ・10月と7月に周囲に暗部が出現したものの、本体には影響なし。
 そして⑨これからのシーズン(2016-17シーズン)は、以下の活動が考えられると結ばれていた。
  ・NTBs Jetstream outbreak(北温帯流-C)の発生
  ・mid-SEB outbreakの発生
  ・SSTB AWO同士の合体の可能性
一日目のセッションが終わった後、会場で集合写真を撮影したのちに、懇親会が行われた。

 木星会議2日目は、科学館の開場の都合で9時45分から研究発表が行われた。
○ドブソニアン鏡筒は惑星撮影用に使えるか:柚木健吉
355mmのドブソニアンを改造して、惑星撮影用に改造したことが紹介された。
○HP画像からパラパラ動画作成:鈴木重則
  ALPOのホームページに掲載されていた展開図をもとに動画を作成したことが紹介された。
○大赤斑北部に現れるSEBsの開口部の考察:堀川邦昭
  大赤斑北部でSEBsが途切れて、一見したところ赤斑湾とSEB内部が連結したように見える現象を紹介されていました。
この結果、以下のことが分かったそうです。
・SEBsの開口部は、大赤斑の濃度には関係なく、赤斑孔の時でも見られる。
・SEBの濃度などの状況にも関係は見られない。SEB攪乱発生中でも現れている。
・開口部の出現時期は、大赤斑の90日摂動の経度極大期と一致する。
  ・大赤斑の後退期の中ほどで開口部が出現、極大に達すると消失する。
  ・大赤斑の90日摂動は、SEBsのジェットストリームが主因で、SEBの開口部は副次的な現象と思われる。
○Home Page 更新作業者募集:鈴木重則
現在、月惑星研究会のHome Pageの更新作業は、鈴木さんと米山さんが行っています。プロの研究者からもALPO JapanのHome Pageは注目されているとのことです。世界中から報告が上がっているために更新作業が大変で、毎日1時間でも構わないので、なり手を募集中とのことでした。

会場の使用時間が12時までということで、最後は安達さんのバタバタとした挨拶で2日間にわたる木星会議が無事終了した。
気になる来年の開催場所は未定ですが、米子や明治大学(東京)などの候補地が複数あがっているとのことです。

以上
スポンサーサイト

木星会議 2015

 今回で38回目を迎える木星会議2015は、明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー)で開催された。
今年の木星会議では、これまでとはやや趣向を変え、初めて参加する人でも十分に木星を堪能できるように、アマチュアも貢献できる科学としての木星観測とそこから導き出せる有意な結果の導き方などをメインに行った。

 いつもの木星会議では、自己紹介、近況報告、研究発表の順番で行われるが、近況報告や研究発表をよりよく理解するために、これまでの木星観測の歴史をたどったうえで、観測の原点であり、記録として残すための木星スケッチを実際に行うことになった。
 木星スケッチ観測のベテランである堀川さんから、スケッチに必要な道具やプロセスのレクチャーを受けたのち、月惑星研究会の繭山さんが持参したスケッチ用紙が配布された。
スケッチの元となる画像は去年11月23日に兵庫県の永長さんが撮影された画像から作成した疑似木星の画像を使用した。
それを画面に流して、参加者が一斉にスケッチするという方法で行われた。
スケッチははじめという学生から、数十年ぶりのスケッチというベテラン方も一緒にスケッチを取った。
 その後は、堀川さんから眼視観測からわかることとして、以下の事項を挙げられた。
・スケッチから展開図を作成する
 ・CMTからドリフトチャートを作成する
 どちらも、模様を同定して、形状や位置の変化を明らかにすることが目的とされた。
ここで、ドリフトチャートは日付を縦軸、経度を横軸にとってCMTをプロットし、展開図を日付順に並べたものと同じイメージになるので、模様の動きを直感的に把握しやすいとされた。
そして、個々の模様を同定する際には展開図の助けが必要とされた。
さらにドリフトチャートと展開図を使って、個々の模様が同定できれば自転周期を求めることができると結ばれていた。
木星を堪能するセッションが終わった後、会場で集合写真を撮影したのちに、懇親会・二次会が行われた。

 木星会議2日目、1日目の木星を堪能するセッションを踏まえて、近況報告及び研究発表が行われた。
ちなみに教室は前日に比べて狭かったこと、参加者が多かったことから、すし詰め状態であった。
それはともかく、近況報告として、堀川さんによる「2014-15シーズンの木星面」の発表が行われた。
ここでは、主に以下のことについて取り上げていた。
①大赤斑と循環気流(?)による暗部の発達
 (前回は、2000年7月~10月)
②永続白斑BAとSTBの活動サイクル
③SSTBと高気圧的小白斑(AWO)
④SEBの活動(謎の明部とSEB北部の明化とpost-GRS disturbance)
⑤NEBの拡幅現象とWSZ
⑥北温帯地方の活動(NTrZの白斑WSZ、北温帯攪乱、NTZバージと北温帯-Bの暗斑)

 大赤斑と循環気流(?)による暗部は、2014年10月から2015年1月ごろまで継続していたもので、RS Bay後方にカギ爪状の暗部が出現、RS前方のSTrZにdark steakを繰り返し放出していたことが報告された。
さらに大赤斑はシーズンを通して輪郭が明瞭でオレンジ色が鮮やかだったこと、長径が14.2°と2009年以降続いていた短縮はストップしていると報告された。
そして、大赤斑の今後として、以下の予想を述べられた。
・大赤斑は今後も縮小を続けるだろう
・東西方向のジェットストリームに挟まれている大赤斑はSTrZの幅より小さくなることはできない?
・カシニの斑点との相似性を考えると、あと50年+α程度の寿命か?
 ちなみに近況は10 時までの予定であったが、大赤斑を中心に話が盛り上がって、予定時間をオーバーして活発な議論が行われた。

休憩を挟んだ後、研究発表が行われた。
A. 明治大学天文部の惑星観測:龍華良典
 OBからの寄付金で設置した30㎝の望遠鏡による撮影、フィルターによる分光観測、なよろで閃光観測を行っていることなどが紹介された。

B.Raw Therapheeの使い方:三品利郎  フリーソフトであるRaw Therapheeの特徴や設定、画像処理のプロセスなどを紹介されていた。特に、特徴として以下のことを紹介された。
・Raw現像&画像の色やシャープネスなどの様々な画像の調整ができる。
・ディデールレベルのコントラストを調整するウェーブレット変換の機能がある。
・ダークフレーム、フラットフィールドが使える。
・色やシャープネスなどの調整は、bmp/png/tiff/jpgの画像にも使用できる。
・パラメータを保存して再利用ができる。
・日本語のマニュアルが充実している。
なお入手方法として、以下のHPなどを紹介されていた。
公式ページ(英文):http//rawtherapee.com
ダウンロード:http//rawtherapee.com/dowmloads
解説ページ:http//50.87.144.65/~rt/w/index.php?title=Main_Page/jp

C.イメージセンサーの基礎知識:山崎明宏
光の性質に関する解説があったのちに、スペックが似たようなセンサーの採用で悩む場合は、飽和電荷量、QEが大きい方にすること。
撮影対象により影響を受けるノイズは異なるので、その性質をよく理解することなどを紹介された。

D.木星表面構造の分光観測計画:岩崎和人(明治大学理工学部)
 木星大赤斑の分光観測を行うにあたって、試験的に土星で分光観測を行った。
その結果、分光データが正確だったことがわかり、大赤斑のみを分解して観測可能と分かったことが紹介された。

E.木星面に見られる波動現象:田部一志
 木星面には、縞‐帯構造などの数十億前から続いている模様がある一方、SEB攪乱など数ヶ月の寿命しかない模様がある。
この中で波動と思われるものとして、1998年に発生したmid-SEB outbreakや、2010年の12月20日にSEBsで見られたウロコ状の波模様などを挙げられ、成因に関する考察をされていた。

F.RSの緯度変化:鈴木重則
2000‐2015年都庁までのRSの緯度を計測した結果、以下のことが判明したと報告された。
・RSの緯度は、あまり変化していない。
  ・BAとの通過時でもRSの緯度変化は見られない。

G.北熱帯の長命な白斑WSZ:堀川邦昭
1997年から北熱帯地方に存続している大型の白斑(BAAのRogersによりWSZと命名)の変化に関する報告をされた。
この白斑は、以下の特徴がある。
・1996年から97年にかけてのNEB拡幅の結果、ベルト北縁に7個の小白斑が形成された。WSZはその中の一つ。
サイズと白さは他の白斑と変わりはない。
・NEBの幅の変化によって様相が変化している。
・これまで北熱帯の他の模様と衝突・合体を繰り返している。
そのたびにWSZは成長して、北熱帯の「ぬし」的存在となった。
・体系Ⅱ系では、すでに木星面を6周半しており、平均のドリフトは、‐0.35°/dayと同じ緯度にある模様と比較して遅い。
・一時期、赤みを帯びていた時期があった。メタンバンドでもRSや永続白斑のように著しく明るい。
 これらのことから、今後WSZは北熱帯の大赤斑となるか?と結ばれた。

最後は、田部さんによる簡単な総括の後、明治大学天文部の吉田さんの挨拶で2日間にわたる木星会議が無事終了した。

以上

皆既日食報告会

昨日、日食情報センター主催の標記報告会が開催された。

ここではそれらの発表の概略を記載する。
 
 3月の皆既日食は1997年モンゴル・シベリア、79年カナダ、61年イタリア~東欧、43年の北海道と同じサロスである。このため、どんどん北に北上していき、18年後のアラスカ方面の皆既日食を最後に本影が地球上にかからなくなってしまう。この意味では消滅直前のサロスということである。今回は前回のモンゴル・シベリア皆既日食とは逆に、ほとんど海上を通過するものであった。今回の皆既日食帯が通過する一帯はメキシコ湾流が流れてくるので、同じ緯度のカムチャツカ半島ほど寒くはないが、それでも氷点下20度近く下がること、高度が10°と低空であること、事前に予報された晴天率は必ずしも良くないことなどから、遠征者が少ないことが予想された。しかしながら実際は300人近い遠征で、デンマーク領のフェロー諸島の一部を除いて晴天に恵まれたと報告があった。

 遠征先で多かったのは、ノルウェー領の北極海にあるスバーバル諸島であった。人類が定住している島では最北の地にあるが、島のキャパシティが限られるので、①宿泊はせずに日食だけを見てとんぼ返りをする方法(阪急ツアー)、②海外の旅行会社に相乗り(国際航空旅行サービス)、③テント泊をする方法(道祖神)が取られた。この中で一番大所帯であったのが、阪急のコースが約180人だったそうである。これ以外に海外のツアーに参加した方もいたそうである。

 事前の天気予報が悲観的だったので、機上観測が多かったのも今回の皆既日食の特徴であったことも紹介されていた。晴天率が芳しくなく、今回の日食のような低空の場合は、月の影を追いかけるようにフライトできることなど利点があり、皆既に入る瞬間は、機体に月の影が追い付いて来ることが実感できることを紹介されていた。ただ写真撮影の場合は、ただでさえ狭い飛行機の窓がアクリル製のために乱反射してしまい、ゴーストだらけになってしまうのが難点ということだった(飛行機の座席シートが簡単に外れることは初めて知りました)。機上観測の時は、肉眼で見るだけや撮影するにしても月の影の移動を実感できる広角がお勧めだと思った。ただ飛行機の中でも窓が新品の場合は、ゴーストの原因である傷が少ないので、その分クリアに見られる(撮影できる)可能性があるそうである。

 皆既日食の科学観測では、SOHOなどの人工衛星によってコロナの観測は行われているが、X線の場合は太陽面とその近傍、オッカルティングディスクの場合は太陽面から離れた所のコロナしか見られないことから、その間を埋める観点からも皆既日食時のコロナの観測は必要なことや、2点離れた観測場所のコロナの変動を観測したりすることも重要とされていた。この科学観測で必要なイメージはRAW画像以外に、ダークやホワイト(何も映っていない空の写真)などの補正画像も必要なこと、この補正の画像は何も日食中ではなく、日食前後でも差し支えはないとされた。

 ニューカークフィルターは、パソコンによる画像処理合成になってからは使用されなくなったが、このフィルターのようなものを使用しての動画撮影を行ったものであった。まずニューカークフィルターにあたる素材としてリバーサルフィルムを使用したことや、レタッチソフトを使用してのフィルターの元となる同心円パターンの作成方法について報告された。さらにフィルム時代の場合、フィルムの直前にニューカークフィルターを置いて撮影したが、デジタルカメラでは同じ方法は不可能である。このため、何とか焦点面にフィルターを近づけるように工夫した事項を報告されていた。実際に撮影された画像も紹介され、通常はベタッと表現されるコロナの動画の画像が詳細に表現されていた。ただ、ニューカークフィルターを使用するにあたっては、太陽の位置とフィルターの中心に精密に一致させる必要があるために、精密な位置合わせと追尾の重要性を感じた。

 2016年3月9日及び2017年8月21日の皆既日食解説では、1年後にせまったインドネシア皆既日食の話を中心に現地の写真を交えて観測候補地を紹介されていた。インドネシアでは日の出間もない状態で欠け始めるので東の方の見晴らしが良い場所の選定が重要であるが、それほど多くないことも実感した。2017年の皆既日食の方は、晴天率が比較的良いロッキー山脈から西側を中心としたいくつかのアクセスが良い都市及び観測候補地(キャンプ場や野球場など)を紹介していた。

以上

もう台風?

20150510mtsat_latest_IR1.jpg
http://webgms.iis.u-tokyo.ac.jp/IIS/L1B/latest/mtsat_latest_IR1.jpgより引用・カット

この時期なのに台風が7個も発生しています。
その中で6号がフィリピンの東の海上で915hpaと猛烈な勢力になっています。

ひまわり7号の画像を見ても台風の雲が引き締まっています。
これは発達した台風の特徴です。

しばしこの台風に注目です!!

(続)4月4日 極短時間皆既月食

やっと、それなりの整理ができました。
数枚、以下に示します。

Total Lunar Eclipse of 04 April 2015

Total Lunar Eclipse of 04 April 2015(90%~Total)

Turquoise(Total Lunar Eclipse of 04 April 2015)

Total Lunar Eclipse of 04 April 2015(Shadow of the earth)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。