スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理科の先生をそのまま顧問にすれば簡単な問題!!

本日の記事である。

単に理科の先生を顧問にすれば良いだけの話だが、難しい話だろうか?
やっぱりスポーツ優先ということだろうか?

そういう私は科学部に入りたくて、強制的にサッカー部に入れさせられた犠牲者の1人である。

・・・・
科学系の部活ない中学が73%、指導教員不足で

読売新聞 9月7日(土)13時59分配信


 天文部や生物部のような科学系の部活動(科学部)がない中学が7割を超えたことが科学技術振興機構(JST)の調査でわかった。

 4年前に比べ、7ポイント増えた。理科を指導できる教員の不足などが理由とみられている。

 同機構は今年3月、30人以上の生徒がいる全国の公立中から無作為に500校を選び、教師や生徒を対象にアンケートを実施。417校から回答があった。73%の中学校が「科学部がない」と回答し、理由としては、「顧問となる教員が不足している」が69%で最も多かった。科学部に所属している生徒は全体のわずか1%。理由で最も多いのは「学校に科学部がない」(59%)だった。

 同機構理数学習支援センターの渡辺怜子副調査役は「子供が科学を身近に感じにくい状況にある。科学部だけでなく、観察や実験の機会を増やすなど、子供の興味を育てる環境の整備が急務だ」と話している。
スポンサーサイト

大田原高校と有害図書

言わずと知れた栃木県北部を代表する進学校である。
大学受験が最優先事項なので、なんといっても勉強・勉強である。
受験に関係ないものは、ご法度である(たぶん)。

宮崎駿監督の「風立ちぬ」が公開されて、一週間が経つ。
宮崎監督のこれまでのタイトルにあった「の」がないので、不安であったが、順調に集客を集めている。
内容的には大人向けという論調もあるが、今まで同様、楽しんで見ている。

しかし、上記の大田原高校では受験に関係ないということで「有害図書(映画)」に指定されているだろう。
たぶん、指定されているに違いない。
勉強さえできれば、学校に届なしでバイクの免許を取っていても数日間の休学のみの処分。
そして大学に見事に合格している。
これこそ、勉強優先で、関係ないものは有害という風潮のなにものでない。

まったく窮屈な高校である(たぶん)。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。